ラッピングフィルムの特徴と魅力と施工時の注意点

車好きでは、ラッピングフィルムは、欠かせないものとしてメジャーですが、車に乗らない人であれば、あまり馴染みのないものです。車の装飾や2次曲線、3次曲面に追従する柔軟なフィルムで、貼り付け時に位置合わせが楽にできる再剥離粘着剤とフィルムと下地の間に巻き込んだエアを抜けやすくする粘着剤のタイプがあり、広い面積や複雑な面への施工がすばやく簡単に出来る特徴があります。
【ラッピングフィルムの種類について】
ラッピングフィルムは、少し前までは、カーボンと艶消しのみでしたが、カラーバリエーションも豊富になり、素材にも多くのバリエーションが増えてきています。ネットなどで検索すると種類が多すぎて決め兼ねる事も多いと思います。ラッピングフィルムの種類としても、実際には裏側の糊面の空気抜きの形状が異なり、もちろん素材の厚みの違いもあります。詳しく調べていくのはかなり大変ですが、試しに自分の気になるフィルムを購入して施工してみるのが一番と言えます。